ちょっと戯言です。
私の想いを少し書かせてもらいたいと
ネタバレが有りますので、映画をまだ鑑賞されておられない方は速やかに
別のページへご移動下さい。
それでも読まれる方は、ご随に・・・
ここに書いたことは、私の想いですので、そこは尊重して頂きたく、読まれて
また別のご感想などが有ることも重々承知ですし、評価はそれぞれの方の想いですので
ご批判等はお受けいたしませんのでよろしくお願いいたします。

OLY22558_R
 取り上げたい映画は ハリウッド版スカーレット・ヨハンソン主演 GHOST IN THE SHELL です。
 

 
吹き替え版のGHOST IN THE SHELLを観ての感想を書かせてもらいます。

先ず、この作品の良かったと思う部分について
映像、音響共にハリウッドらしい綺麗で迫力があります。
銃撃シーンや背景、小物などアニメGHOST IN THE SHELLやSACverのモチーフが至る所に
散見され、それらは面白いと思いましたし、このハリウッド版を作成した監督が、原作を
とても好きなんだなというのは凄く分かりました。

 ee936883.jpg
で、ここから酷評致します。

ネタバレも有りますので、先に書かせて頂きました通り、まだ作品を鑑賞されて居ない方は
別のページへ移動して下さい。それでも読む方はどうぞ
9e99f0f1.jpg
ストーリーはまあまあ良しとして・・・【正直全体を観てからだと、ありえんなぁーと言うのが正直な感想】

先ずは、ビートたけし演ずる公安九課課長 荒巻大輔

電脳化が発達した世界なので、荒巻課長だけが日本語を話し、それが作品の中で英訳されて
表示されるのですが、これが結構違和感がある。

ビートたけしの英語発音が問題有るとは思うが・・・どうもなぁ~
それに荒巻大輔が銃を持って応戦するシーンが中盤にありますが・・・
課長がするか?こういう場面で前面に出るのはトグサだろ?

最後の最後に何故課長が黒幕を殺るんだよ!しかも少佐に同意を求めてって?
ここはどんな窮地にあろうとも少佐が自身でやるとこだろ!

絶対にあり得んなぁ~というのが、この荒巻課長の活躍
これって、ビートたけしに銃持たせて任侠映画撮りたかっただけか?と言うのが、この配役の一番
のミスだなと。

そんな訳で、何故かビートたけし演じる課長が大活躍するので、トグサ君の出番がない
それにバトーも・・・もう少し
e7f07770.jpg
で、本題の感想としての一番の問題は

草薙素子自身にあります。

スカーレット・ヨハンソンさんはお綺麗で・・・スタイルはぽっちゃりめですが・・・
この方の配役はまあまあ・・・日本人を白人さんが・・・という部分はアニメ作品では人種はあまり
気にならないので、俳優さんについてはなんとも思いませんが・・・

問題は、GHOST IN THE SHELL という題名の通り、ゴースト(自我とか、自身、自分と云えば
いいのか?) の所在が・・・

私は士郎正宗氏のマンガ 押井守監督のGHOST IN THE SHELL、その後に続いたSACverや
ARISE、小説やコミック等を鑑賞し読み楽しんできましたが、それらの作品の中では、この
草薙素子という人物はとても強い 強いというのは物理的な戦闘力という意味合いだけではなく
信念とか、信条という部分で芯が通った強さがあり、それが草薙素子の最大の魅力だと思って
居ました。

その信条や信念の部分が彼女のゴーストであり、そのゴーストの"囁き"に寄って行動し事態を
解決して来たのが、今までのGHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊 の草薙素子でした。

彼女は特A級ハッカーであり、また、世界で指折りの義体使いと言うのが、背景にあり
過去、幾多の戦場に身を投じて少佐という地位を確立し、部下との間の絆を勝ち取って来た
人物と思っていました。
fe8c5da5.jpg
今回のハリウッド版の草薙素子 いやいや、最初はミラーと言う名前で呼ばれています。
そう、少佐とは呼ばれていますが、草薙素子では無いのです。

ストーリーが進むにつれて分かるのですが・・・
先ず、彼女は特A級のハッカーではない 電子戦はほとんど描かれていない
格闘、射撃は上手いですね、これは義体の性能だけの様です。
この辺りがとても、気になる 素子じゃないじゃん・・・ゴーストも囁かないし・・・

そう、そのゴーストがどこなのか?がこの映画のポイントなんですけど、これが過去の攻殻機動隊
のファンとして観ている私にとって・・・あ~駄目だぁ~となるオチです。

このミラーと呼ばれる少佐の過去の経歴が嘘であり、彼女自身も騙されていたのですが、
彼女の本当のゴーストは、義体化するための実験に使われた一少女の物であった・・・

環境問題に反感を持つ、若い家出娘の"こころ"でした・・・脳でした・・・ その娘の名前が”モトコ”
そりゃー特A級ハッカーでもなけりゃ、信念も無いし、ゴーストも囁かんだろう・・・

d35ef1bc.jpg
殺された娘の脳をサイボーグに移植し、過去の記憶を消されて義体を動かす為の脳殻だけ
最後は、そういった背景に対して激怒するけど・・・みたいな話で終わります。
もうねー 攻殻機動隊 GHOST IN THE SHELLの草薙素子の系譜ではなく、単に
攻殻機動隊をモチーフにした、別の作品ですね

個人的に GHOST IN THE SHELL という直球の題名だったので、攻殻機動隊の草薙素子を
どの様にハリウッドが描くのか?をとても楽しみにしていたのですが・・・
観てみたら、草薙素子はいないんですよ モトコ 何ですよね・・・

これが、GHOST IN THE SHELL なんとか?みたいな副題がついていたら、まあーなぁ~と
思ったかも知れませんが、直球だったので、私は正直騙された気分があります。

見終わって、なんじゃこりゃ?攻殻機動隊 GHOST IN THE SHELL か?と思ってしまいました。

幸い、吹き替え版で見たのでアニメ作品の気分で観られたので、まだ良かったかな?と思いますが

評価として、過去のGHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊の流れの作品として期待したら、絶対に
ダメですね この作品は 全く別物と思う方がいいと思います。

映像作品、娯楽作品としては、ドンパチくらいかな・・・ でも、それも派手なのは他に幾らでもあるし

まあ~、本当に中途半端な作品としか評し得ないです。

攻殻機動隊に対して、思い入れが少ない方は・・・楽しめたのかな?
私は観ている途中で、あ~駄目だなって思ってしまいましたね
こんなの余り無いけど・・・  

まあ、2時間程の尺の中で、草薙素子のゴーストを語るのは難しいでしょうねー
だからと言って、今回の草薙素子は・・・草薙素子として描かれていない
これだと、GHOST IN THE SHELL では無いじゃんっていうところ何ですよね

イノセンスには草薙素子が出てこない、声としては出てきますし、リモート義体としてバトーを
助ける。これはバトーの物語であり、GHOST IN THE SHELLのその後の九課として面白い
作品でした。

今回のハリウッド作品も、イノセンスの様に違う物語だったら?
または、正当な特A級ハッカーで世界屈指の義体使いの草薙素子という背景の中で、SAC
のその後の話であったなら・・・【この展開で観たかった】

たぶん楽しめたのではと思います。

でも、違いましたね

中国資本が入ってるから?
ハリウッドだから?
上辺だけの作品でしたね
娯楽作品といえばその通りだけど
ゴーストが囁かないね この作品は

以上・・・
なんかもやもやする ハリウッド版 GHOST IN THE SHELL の私の評価でした。



クローゼットの中のおもちゃ箱 セレクトショップ楽天ROOM リンク




Amazon ホビー カテゴリーリンク Amazon 鉄道模型 カテゴリーリンク
Amazon ラジコン カテゴリーリンク Amazon プラモデル カテゴリーリンク
Amazon エアガン カテゴリーリンク Amazon フィギュア・ドール カテゴリーリンク


送料無料の情報が満載!ネットで買うなら楽天市場   【Yahoo!ショッピング】豊富な品揃え! 探しやすい! TAMIYA SHOP ONLINE  鉄道模型 ホビーサーチ キャラ&ホビー格安あみあみ 『駿河屋』 フィギュア・プラモデル【コトブキヤダイレクト】